デリケートゾーンのかゆみ・腫れの原因は〇〇だった!

かゆみ・腫れ

デリケートゾーン(陰部)のかゆみ・腫れがあると、気になって仕方がないですし、変な性病だったらどうしよう・・なんて深く考えてしまうことも・・

私もつい最近デリケートゾーンのびらびらした部分(小陰唇)が痛い&かゆくなり、片方の小陰唇が腫れてしまいました。

よく見てみると、ポチっとしたニキビのようなものができて、中に膿が入ってそうな腫れ方をしていました。

変な病気だったらどうしよう・・ととりあえずネットで検索すると、デリケートゾーンにもニキビができるそうなんです。

性行為をした記憶もないし、手で触ることもないし、、なぜ?

唯一心当たりがあったのは、パジャマのズボンの代わりにレギンスを履いて寝ていたことくらい。

まさかデリケートゾーンの通気性が悪いと蒸れてニキビができてしまうなんてこと、本当にあるみたいなんです。

私のかゆみ・腫れの原因はムレでした!

病院には行かず、数日様子をみてみることに。

通気性をよくして、デリケートゾーン専用ソープで洗うようにしてから、ニキビはなくなりました。

デリケートゾーンのかゆみ・腫れの原因

デリケートゾーンのかゆみや腫れの原因は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、かぶれによるもの。

2つ目は、感染によるもの。

多くの方はかぶれによるものが多いと考えられますが、性行為などで移る感染性に心当たりがある方は、病院での受診をおすすめします。

かぶれの原因

女性器は複雑な構造のため、雑菌が繁殖しやすい場所です。

かゆみや腫れを引き起こすことも実はよくあること。

生活習慣を気を付けるだけで、改善していくことができます。

かぶれの主な原因
・生理用ナプキンの長時間の使用
・石鹸で洗いすぎによるもの
・締め付け、圧迫の強い下着や衣類によるムレ
・雑菌の繁殖によるもの
・疲れ
・ストレス
・乾燥

かゆいからと言って、洗浄力の強い石鹸などで洗うと、必要な常在菌まで洗い流してしまい、肌のバリア機能が低下して、かぶれがなかなか治りません。

デリケートゾーン専用石鹸やぬるま湯で優しく洗うのがコツです。

また、通気性の悪い下着や衣類もNG

締め付けのない通気性がよい下着や衣類を着用することも大事です。

生理用ナプキンを長時間交換しないなど不衛生な状態だと、ムレや雑菌の繁殖でかゆみがでやすくなります。

さらには、疲れやストレスなどで免疫力が下がっている状態でも、肌のバリア機能が低下し、かぶれが起きやすくなります。

清潔にする・通気性をよくする・洗いすぎない・保湿することがかぶれの予防改善につながります。

感染性の原因

感染症の原因は、主に性行為を介して感染する病気のこと。

「性感染症(STD)」とも言います。

女性器の粘膜は体の中で一番角質層が薄く、バリア機能が弱いのが特徴です。

細菌やウィルス、カビの真菌に感染しやすくなります。

高温多湿・ウィルスたちが増殖するために必要な皮脂や汚れが溜まっているので、感染しやすい環境が整っているデリケートゾーン。

主な性感染症の病気
・性器ヘルペス
・性器クラミジア
・膣トリコモナス症
・性器カンジダ症
・いんきんたむし
・毛ジラミ症
生活習慣によるかぶれによるかゆみに比べて、性感染症の場合はかゆみが強く、おりものやにおいにも変化があります。
おかしいなと感じたら婦人科での受診をおすすめします。

デリケートゾーンのかゆみ・腫れを感じたら

デリケートゾーンのかゆみや腫れが出てきたら、まずはおりものの変化・臭いを確認しましょう。

いつもと変わらなければ、デリケートゾーン専用ソープで洗って清潔にする(ただし洗いすぎない!)・通気性をよくする(ムレ厳禁!)・疲れやストレスをためないを心がけるようにすれば、次第に治まっていくと思います。

改善されない場合は、婦人科の受診をおすすめします^^

コメント